寿命と交換の時期について

カーバッテリーの寿命は約3年~5年で尽きてしまいます。一般的にはこの年数ですが車の使用頻度や環境により大幅に変わってきますので日常で「あれ?」と感じたことがあれば交換時期かもしれません。車は乗らなくてもバッテリーが繋がっている時点で微量ながら電力を消費しています。通常であればエンジンをかけアイドリング・走行することで発電し充電でする仕組みになっているのですが使用頻度が少ないと充電できる頻度も必然と少なくなるため、微量に電力だけを消費し続けバッテリーが上がってしまった、という結果に繋がります。


また、使用頻度は多いが近場への移動が主な使用用途の場合も同様です。エンジンをかけていても充分に充電する時間がなく、結果的にバッテリーの劣化につながります。その他車の中に電飾アクセサリーやテレビ・オーディオ装置を多数搭載している車両についても同様です。それだけ多くの電力を消費しますのでエンジンの発電だけではまかなえず、バッテリーから電力を消費し、交換時期が早くなります。エンジンをかける際、キーを回した時にキュルキュルとなるセルモーターの音が鈍くなったと感じたりパワーウィンドウの動きが遅くなった、ヘッドライトが暗くなった気がする、といった症状が出てきたらバッテリー交換の合図です。いざ乗ろうとした時に急にバッテリーがあがってしまってる、といったことのないようご注意ください。

Filed under: 未分類 — しゃぼん 5:47 PM