車を長持ちさせるためのメンテナンス方法

カー雑誌やインターネットで車を長持ちさせるメンテナンス方法はよく見聞しきますがなんといってもエンジンオイルの交換をマメに行うことが重要です。エンジンオイルは人間でいえば血液のようなもの。体全体をめぐり不要な老廃物を回収しオイルフィルター・オイルエレメントと呼ばれるフィルターで集めています。また、老廃物を集めるだけでなく、エンジン自体の冷却にも一役買っています。エンジンが高温になるとその熱をエンジンオイルが吸収し、エンジンを冷却させるのですが、熱を吸収したエンジンオイルは酸化してしまい、その状態が繰り返されるとどんどん劣化していきます。劣化することでエンジンオイル本来の性能を発揮することができなくなってしまいます。


タイヤやブレーキパーツなどは外部から部品を取り外して点検・メンテナンスすることが可能ですがエンジン内部はそうはいきません。劣化したエンジンオイルをそのまま使用し、気づかないうちにエンジンを痛めてしまっては他パーツのように簡単には取替えできないため、結果として長持ちさせることができなくなってしまいます。ご自身で点検・メンテナンスすることが厳しければ販売店に相談してみましょう。高性能オイルを使わなくても純正オイルでもまめに交換することで長持ちさせることができます。

Filed under: 未分類 — しゃぼん 5:48 PM