過充電とバッテリー

車に使われている鉛バッテリーは、その性質から過充電になった時には、結果的に水を構成している水素と酸素が分解されて気体になり、爆発の危険が起こります。何故、このような事になるのかは、次のような理由からです。
鉛バッテリーは、鉛と硫酸及び水を一つの箱の中に詰め込んだものです。このような化学的作用を利用した充電池には、プラス極とマイナス極、電解液で構成されますが、鉛がプラスとマイナス電極になり、電解液が硫酸と水の混合液である希硫酸というものです。
放電しきった状態では、プラス極、マイナス極共に硫酸鉛に変化して、電解液はただの水になっています。ここへ、電気を流して充電しますと、プラス極とマイナス極に捕らわれていた硫化部分が電解液に戻っていって、もとの希硫酸(硫酸と水)に戻ります。それとともに、ブラス極は二酸化鉛に、マイナス極は鉛そのものに変化します。


このように充電しきった状態のところに、さらに電気を流し入れますと、プラス極、マイナス極共に、それ以上変わることができないので、電解液中の水が電気分解されて、気体の水素と酸素に分かれて発生します。
この水素と酸素が同時発生している状態は、ガスボンベを開放したのと同じようなものですから、発火の危険が大きくなります。また、当然ですが、普通の使い方をした時よりもバッテリーの寿命も短くなります。

Filed under: 未分類 — しゃぼん 5:50 PM