ガソリンと電気

自動車の主流は、やはりガソリン車です。これは燃料を狭い空間の中で爆発させてピストンを動かし、その力でエンジンを動かしています。

そして、爆発させるときに燃料に点火するのですが、そのためにバッテリーによる電気が必要なのです。バッテリーはこのように自動車を動かすために不可欠なものですので、バッテリー切れには注意が必要です。

日常点検としては、バッテリー液が足りているかをこまめにチェックしましょう。また、必要に応じて交換することも必要になります。


 

ハイブリッド車の場合、2種類のバッテリーが搭載されています。

ところで最近では自動車のエコ化が進んでおり、注目されているのが電気自動車です。EVは電気を使ってモーターを駆動させ、その力で走ります。そのため排気ガスを排出せず、CO2も走行では排出しないというメリットがあります。

その鍵となるのがやはりバッテリーです。この部品はEVの最も大事な部分ともいえますので、数年に一回は交換する必要があります。

このように自動車を動かすエネルギーもいろいろと変遷して来ましたが、どのタイプの自動車であっても、バッテリーがとても大事な部品なのです。室内灯の消し忘れなどはバッテリー切れにつながりますので注意しましょう。

Filed under: 未分類 — しゃぼん 5:47 PM