バッテリーとは

自動車のバッテリーの仕組みはプラス極とマイナス極と電解液からでき、その化学反応によって電気のエネルギーを取り出しています。もうひとつの特徴は外部から電気のエネルギーを与えることで充電することができるということです。


電気は使うとなくなります。充電せずに使用するといつか使えなくなります。自動車にはオルタネーターという発電機がついています。エンジンの回転によって発電されて、これで充電を行っているのです。
充電されることで次またエンジンを始動するとき使えるようになります。何度もセルモーターを回したり、夜間の走行が多い、エンジンをかけずにライトを点灯したままにしたりオーディオで音楽を聴いていたりすると、充電より使用量のほうが上回り上がってしまいます。
そうなるとエンジンをかけることができなくなります。弱ってくるとエンジンをかけるときセルモーターが回りにくくなってきたり、ライトをつけたとき、エンジンの回転を上げると明るくなるようでは弱ってきています。
そのような場合は早めに充電をする必要があります。エンジンがかからなくなってしまうと車で充電することはできなくなります。
またいつまでも使用できるわけではなく、寿命があります。2年から3年で交換をすることを目安にします。

Filed under: 未分類 — しゃぼん 5:48 PM