車とバッテリー

車を動かすには必ず電力が必要です。
この電力はどこから供給されているのかと言うと、エンジンの回転を利用したオルタネーターと呼ばれる発電機と、その発電機で発電した電気を貯めておくバッテリーが必要です。
このバッテリーを使用して、エンジンを掛けるときにスターターを回す大きな電力をまかなったり、走行中に必要な電力をまかなったりします。
蓄電池ですので、寿命があったりあまりエンジンを掛けないで乗らないとあがってしまい、エンジンが掛からなくなることがあります。
長期間乗らない時は、マイナス端子を外しておけばエンジンを止めているときの消費電力を抑えることが出来ます。


もし上がってしまった場合、近くに救援してくれる方がいれば、ブースターケーブルを用いて電力を借りてエンジンを掛け、オルタネーターを回してバッテリーを充電します。
もし近くにいない場合は、JAFなどを読んで救援してもらう必要があります。
また、放電を繰り返していたり購入から時間が経って老朽化したものは充電能力が落ちていることがあります。
そうなると、せっかく充電をしてもすぐに無くなってしまいあがります。
そうならないためにも、説明書をよく読み寿命が近づいてきたら新しいのに交換をしておくとよいです。